トップ

植物乳酸菌と免疫力

植物性乳酸菌で免疫力アップ

腸内環境が悪化すると免疫力低下

乳酸菌というとお通じに良いイメージがありますが、乳酸菌で得られるメリットはそれだけではありません。乳酸菌は健康や美肌には欠かせない菌で、人の免疫力とも関係が深いのです。

人は腸内にある腸管免疫で免疫細胞を作っており、体全体の7割もの免疫細胞が腸管に存在します。そして体内に侵入した病原菌などと戦って体を守っています。体の7割の免疫システムを担う器官ですから、腸内環境が悪化するということは体全体の免疫力が落ちてしまうことで、体調の悪さ、肌荒れ、あらゆる病気の原因となってしまいます。

免疫細胞をしっかりと作るためには、腸管免疫が正常に働くように腸内環境を整えておくことが重要です。腸内環境を整えて免疫力アップをするためには善玉菌である乳酸菌がいいのですが、乳酸菌の中でも植物性乳酸菌がより効果的です。植物性乳酸菌を摂りたいならこちらのサイトが為になります。

<植物性乳酸菌とは?>
乳酸菌は腸内に棲む善玉菌に属する菌で、善玉菌の増殖を助けます。腸内というのは善玉菌、悪玉菌、日和見菌という大きく分けて三種類の菌が存在しており、腸内環境を善玉優位の状態にするためには善玉菌を積極的に摂取して増やすことが大切です。善玉菌のひとつである乳酸菌は食品から摂取しようと思っても、実際は腸に達するまでに酸や熱にやられて死滅してしまいます。ですのでかなりの量を一度に摂取してもほとんど効果が感じられないことも多いのです。

ですが乳酸菌の中でも植物性乳酸菌は、動物系乳酸菌とは違って温度変化が大きく厳しい環境でも生息できると言われています。熱や胃酸のような消化酵素に負けることなく腸まで届いて、穀物や果物など植物由来の糖分を利用して増殖します。植物性乳酸菌は、日本人にとって親しみ深い味噌やぬか漬け、調味料として注目されてきた塩麹、キムチなどに多く含まれています。

Copyright © 植物性乳酸菌で免疫力アップ. All rights reserved.