トップ / 更に免疫力を高めるために運動も

植物乳酸菌と免疫力

更に免疫力を高めるために運動も

植物性乳酸菌に運動をプラス

植物性乳酸菌や食事以外でも、免疫力アップをすることは出来ます。
その中でも効果的なのが、有酸素運動です。

適度な運動をすることで、免疫力を上昇させることに期待ができます。運動をすることでエネルギーの消費や体温上昇など体の様々な場所で代謝が起こると、それが刺激となり免疫機能が高まります。免疫力に関係があるNK細胞は、血液中に存在していてウイルスなどを攻撃して体を守っている細胞です。20分から1時間ほどのウォーキングをすることで、NK細胞が活性化すると言われています。

反対に加齢や運動不足が原因で体の筋肉量が減ってしまうと、作り出す熱が減ってしまい体温が下がる原因になります。軽い有酸素運動をすることは、筋肉量をアップさせることにもなり、血行促進、体温上昇させて免疫力を上げることができます。

<免疫力を高める運動>
運動といっても、激しい無酸素運動を続けることは逆に免疫力を下げてしまいます。20代前半くらいまでは多少激しい運動でも免疫力は上がりますが、30代40代の場合は少しきついと感じる程度の有酸素運動が効果的です。60代くらいの年配の人にもウォーキングは一番手軽に出来て負荷の少ない有酸素運動です。

ウォーキングの場合は30分以上続けることが理想的ですが、そこまでの時間的余裕がないという人の場合は、仕事や家事の合間などに簡単な運動やストレッチをするだけでも効果的です。膝に手を置いて屈伸したり、伸ばした腕を振り子のように大きく振る運動、ラジオ体操などなら空き時間にどこでもいつでも気軽に出来ます。

NK細胞は運動の習慣がある人ほど活性化されています。1日にまとめてたっぷり運動をするよりも、1日数十分の運動を毎日継続することでNK細胞を活性化させて、免疫力を高めていくことが大切です。

Copyright © 植物性乳酸菌で免疫力アップ. All rights reserved.